MENU

知らないとワキガが悪化する?ミョウバン水のわきが対策効果と作り方

ミョウバン水のワキガ対策効果と、手作りする場合の作り方を解説します。わきがが悪化することもあるというミョウバン水。使用前にしっかりとこの記事を確認しておきましょう。

 

ミョウバン水の効果・効能

ミョウバンと言われるとあまりピンときませんが、茄子などの漬物にも使われている食品添加物のことです。ドラッグストアやスーパーなどで購入でき、値段も100g100円〜200円程なのでお手軽です。

 

そんなミョウバンですが、殺菌効果や汗を抑える効果があります。ワキガやニキビ予防だけではなく、部屋の消臭スプレーや掃除などにも利用できます。ミョウバンは大昔から、デオドラント剤として使用され続けてきました。

 

ミョウバン水の作り方

ミョウバン水はとても簡単に作ることが出来ます。水とミョウバンを混ぜたら完成です。ミョウバン水の作りかとレシピを紹介します。

 

ミョウバン水を作るために準備するもの

  • 水:150ml
  • ミョウバン:5g
  • 容器

 

ミョウバン水の作り方

ミョウバンを容器にいれ、水を入れたら振って溶かします。容器は100円ショップで買ったものや、余っているペットボトルの空などでも大丈夫です。ミョウバンには粒タイプと粉タイプがありますが、粉タイプの方が溶かしやすいためオススメです。

 

ミョウバンが溶けきるまで何度か振り、完全に溶けたら完成です。完成したものがミョウバン水の原液となります。使用するときは10 倍に薄めて使いましょう。原液のものは常温保存、薄めたものは冷蔵庫で保存します。

 

約1週間を目安に使いきるようにしてください。原液のままであれば1ヶ月ほど保存可能です。

 

ミョウバン水でわきがが悪化することもある?

ミョウバン水が万能でも、使いすぎには注意しましょう。ミョウバン水には『アルミニウム』が含まれているのですが、アルミニウムは人体にあまりよくない物質なのです。

 

摂取範囲を過ぎなければ大丈夫ですが、いくら臭い対策などとして行っても悪化したら仕方ありません。

 

ミョウバン水と重曹のどちらがワキガに有効か

ミョウバン水は水に溶かすと酸性になります。酸性は菌の繁殖を抑えてくれます。ミョウバンはさらに、消臭作用や制汗作用があります。そのため汗を抑えてくれたり、アンモニア臭を消す作用があります。

 

重曹も同じ食品添加物で消臭効果がありますが、効果がでる場所が違ってきます。ミョウバン水は酸性ですが、重曹はアルカリ性なので酸性のものを中和させます。

 

足のにおいや腐植臭などには重曹が効きますが、ワキガのアルカリ臭にはミョウバン水の方が効果的です。レデオスと組み合わせて、ワキガのケアに活用して下さい。